セーフティネット住宅の家賃債務保証に付保

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住宅金融支援機構は、住宅確保要配慮者への家賃債務保証保険を開始した。対象となる家賃債務保証事業者は、国の家賃債務保証業者登録制度に登録されるか都道府県知事による住宅確保要配慮者居住支援法人として指定されることが要件。賃貸人が住宅確保要配慮者が、セーフティネット住宅として登録した住宅に入居するため賃貸借契約を結ぶ際、事前に住宅金融支援機構と保険契約を結んでおけば、入居者の家賃債務保証の保険を機構が引き受ける。

2017年10月26日05面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)