過去の特集:

【キッチン・バスの日特集2017】”団らん”や”リラックス”重視、今後”健康”のキーワードも=キッチン・バス工業会大道正人会長

現在、キッチン・バスは、「料理をする」・「体の汚れを落とす」といった本来求められている機能に加え、システムキッチンは家族や知人との団らん促進、システムバスはリラックスする場としての役割を重視する傾向が強まっている。これからのキッチン・バスは、どのようなニーズが強まり、どのように...続きを読む

横浜市、IoTの取り組みで高齢者が快適に暮らす住まい実現へ取り組み、市内外企業の参画で

大手・中小企業とIoT(あらゆるモノをインターネットにつなぐ技術)関連企業の連携を支援している横浜市が、IoTを使って高齢者にとって快適な暮らしを提案する企画「未来の家プロジェクト」を進めている。 内容は、スマートハウスのプロジェクトに参画する市内外の企業を募集するとい...続きを読む

リビングの工夫で疲労回復効果、生活様式変化で高い天井にニーズ、健康寿命の延伸も視野

リビングは、住まい手がリラックスして多くの時間を過ごす居室。その居住性・快適性に加え、疲労回復といった身体にプラスの影響を示せないか。 積水ハウスの空間提案「スローリビング」は、大開口とキャノビーなどで外と内を緩やかにつなぐ中間領域を設けていることが特徴だ。その開発は、...続きを読む

YKKAP、「考える窓」が暮らしサポート、AIとの連携で新たな価値提案

「物としての窓」が人工知能(Artificial intelligence、AI)との連携で「考える窓」になり、人の行動や気持ちのあり方までサポートし生活を快適にする――。3年後、そんな夢物語のような話が、現実になるかもしれない。 YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長...続きを読む

全館空調で快適な住生活に

高気密・高断熱の住宅をベースに全館空調を実施することで健康・快適な生活を目指すシステムが注目を集めている。 日本の夏は高温多湿であり、近年は各地において猛暑日が増加しているため、屋外だけではなく室内でも熱中症が発生している。 そのような環境でも1台のエアコンで家...続きを読む

開口部や躯体の対策、より重要に

夏を控えたこの時期は、賃貸から初めて戸建住宅の取得を検討している住宅一次取得層はもちろんのこと、既に戸建住宅を購入したOB客向けに対しても、断熱・遮熱の商材をアピールするまたとないチャンスだ。 一次取得層向けの本格的な提案としては、躯体の断熱性能を高めると同時に、建築地...続きを読む

ニーズに応え住生活豊かに 心に響く提案で需要キャッチを

キッチン・バスといった水回りリフォームの需要は、設備機器が取り付けられてから年月が経ち、当初備わっていた機能に不具合が生じた際に発生することが一般的だ。 その際、商品の性能やデザインは後で発売されたものほど優れている傾向があるため、取り替え時には既存品からのランクアップ...続きを読む

JBN・ZEH委員会・小山貴史委員長インタビュー、地域工務店のZEH率アップ必須

全国の3千社近いJBN・全国工務店協会会員工務店が年間に供給する約3万棟の新築住宅のうち、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の比率は5%程度とみられる(ZEHビルダー未登録会員が供給しているZEHレベル住宅含む)。 今年度から「ZEHビルダー」登録が始まり、J...続きを読む

大手住宅メーカーが注力するZEH、入居者の高い満足度がZEH普及のカギ

大手ハウスメーカーが注力するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。国は2020年までに新築住宅の過半数をZEHにする目標を掲げており、それを実現するためにZEH補助制度を用意している。 住宅展示場では出展する各社がZEHをアピールし、補助制度は新築住宅の有力な訴求...続きを読む

ZEH補助活況、ZEHビルダー登録制度と両輪

政府は2014年のエネルギー基本計画の中で、20年以降に供給される新築戸建ての過半数をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とする方針を示した。 これによりZEHの注目度は一気に高まり、今年度のZEH補助事業は1次公募で過去最多の応募数を記録するなど活況を呈している...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)