2019年まで住宅資金の贈与税が「非課税」に

住宅関係で2015年度の税制改正案における目玉は、住宅取得資金の贈与税非課税措置の期限を19年6月末まで延長し、消費税10%になったときに非課税になる金額を最大3千万円に引き上げたことだろう。

また、住宅ローン減税とすまい給付金も内容は変わらないが、消費税10%への引き上げ時期が1年半延長され、それに合わせて19年6月末までになった。まずは、住宅取得資金の贈与税非課税措置を簡単にみておこう。なお、正式な税制改正は国会で決定されるので、決定時期の確認は読者各自で行って欲しい。

住宅取得資金の贈与税非課税措置は住宅取得資金を自分の親や祖父母(直系尊属)から贈与される場合に、一定の金額までは贈与税がかからないというもの。2014年12月末で期限を迎えた制度では省エネ性能か耐震性を満たす住宅に対して1千万円(それ以外の一般住宅で500万円)までの贈与が非課税だったが、政府・与党が19年6月末までの延長と非課税対象となる金額アップを決めた。

ユーザー版2015年冬季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます
住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

こんな記事も読まれています

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)