都市再生機構 | 住宅産業新聞 | Page 3

キーワード: 都市再生機構

UR賃貸モデルプロジェクト、光洋台団地の広場再生・外壁修繕に建築家の隈研吾氏

独立行政法人都市再生機構神奈川地域支社は4日、建築家の隈研吾氏を「デザインアドバイザー」として「洋光台中央団地」(横浜市磯子区)内広場の改修基本検討をとりまとめた。 UR賃貸共用部を再構築するため、隈氏による”街の縁側”をコンセプトにした中央団地広場改修に着手し、2015年...続きを読む

都市住宅学会設立20周年業績賞に2件、東北大で表彰

公益社団法人都市住宅学会は11月28日、20周年を記念して都市再生機構の「東雲キャナルコートにおけるタウンマネジメントの展開」など2件を2013年都市住宅学会業績賞(学会設立20周年記念表彰)に選定した。 また、今年度の業績賞には、大和ハウス工業の「スマ・エコタウン晴美台」...続きを読む

UR賃貸に高齢者窓口、10月から3ヵ所で相談員

都市再生機構は19日、八重洲、新宿、梅田のUR営業センターに「高齢者相談窓口」を10月1日から開設すると発表した。UR賃貸住宅の契約窓口であるUR営業センターの一部で介護福祉分野の専門資格を持つ相談員(シニアアドバイザー)を配置。UR賃貸住宅に入居を希望する高齢者やその家族が抱...続きを読む

UR賃貸の家賃、親族近居で5年間5%減額

都市再生機構は、高齢者世帯などとその親族が近隣のUR賃貸住宅に住む場合に、双方の世帯の家賃を5年間、5%割り引く「近居促進制度」を9月1日から本格実施する。同制度は、2012年4月から試行的に約1万戸で行ったが、本格実施に伴いUR賃貸全体の7割にあたる約54万戸を対象に導入する...続きを読む

UR賃貸住宅の部屋をカスタマイズ、リビング・ダイニングに原状回復義務がない壁を設置

都市再生機構は19日、部屋を自分好みにカスタマイズできることをコンセプトとしたUR賃貸住宅「カスタマイズUR」プロジェクトを発表した。 壁紙を貼ったり、色を塗ったり、棚を付けたりしても原状回復義務がない「フリーウォール」をリビング・ダイニングの壁に設置したのが特徴。また、初...続きを読む

UR賃貸「プロムナード仲町台」でイケア提案のモデルルーム、無料家具相談を実施

都市再生機構神奈川地域支社は1月24日、港北ニュータウンにあるUR賃貸住宅「プロムナード仲町台」の1室をイケア・ジャパンのコーディネートによる住まい方提案のモデルルームとして活用すると発表した。 モデルルームは、2月2日から3月10日までの土日祝日に一般公開。モデルルームに...続きを読む

UR賃貸で「屋根貸し」、太陽光パネル設置業者を公募

都市再生機構は、UR賃貸住宅の屋上スペースを太陽光発電事業者に賃貸する、いわゆる「屋根貸し」の取り組みを開始した。 昨年12月25日から「ニュータウン小山田桜台」(東京都町田市小山田桜台)の25棟、設置可能面積8200平方メートルで事業者の公募を開始し、2014年1月から発...続きを読む

都市機構の子育て支援第2弾、ベネフィット・ワンと提携しUR賃貸で育児サービス

都市再生機構は、厚生福祉サービス大手のベネフィット・ワンと提携し、10日からUR賃貸住宅における子育て支援サービスの試験導入を開始した。 UR賃貸住宅の入居者で小学生以下の児童がいる世帯を対象に「キッズサポートクラブ UR都市機構×ベネフィット・ワン」という名称で提供する会...続きを読む

都市機構、内閣府に調査会設置し一部特殊会社化など検討、13兆円の負債や居住安定

内閣府は9日、「独立行政法人都市再生機構の在り方に関する調査会」(調査会長=吉川廣和DOWAホールディングス相談役)を開いた。政府の行政刷新会議による独法改革の一環として、都市再生機構の組織見直しを検討するもの。高齢者の居住安定などに配慮しながら、社会福祉を担う事業と収益化でき...続きを読む

スウェーデンハウス、削減率65%へ印西で低炭素な街づくり

スウェーデンハウスは11月下旬、千葉県印西市千葉ニュータウン・結いの丘まきのはら21住区で戸建分譲地「スウェディッシュガーデン 印西牧の原」全24戸の第1期販売(建売4戸、建築条件付8区画)を始めた。 低炭素な街づくりを目指し、次世代省エネ基準、太陽光発電・高効率エアコンの...続きを読む

国交省が都市再生機構改革の工程表を公表、今年度から高級賃貸住宅売却へ

大畠国土交通大臣は1日、閣議後の会見で賃貸住宅部門と都市再生部門の区分明確化や財務体質の見直し、ファミリー企業の剰余金返納を柱とした都市再生機構改革の工程表を公表した。都市機構が抱える14兆円の負債をできる限り圧縮するために、高額な賃貸住宅を民間へ売却などを行うほか、2013年...続きを読む

都市再生機構、賃貸居住者に節電呼びかけ

都市再生機構は、UR賃貸の居住者に対して、節電を呼びかけるキャンペーンを実施する。 まず、関東地域を含む全国約6千戸の団地のバルコニーで、ゴーヤなどのつる性植物を窓辺で栽培する「緑のカーテン」を実施。また、電気の使いすぎを音声で知らせる「ピークアラーム」を、装置がない100...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)