国交省が都市再生機構改革の工程表を公表、今年度から高級賃貸住宅売却へ | 住宅産業新聞

国交省が都市再生機構改革の工程表を公表、今年度から高級賃貸住宅売却へ

大畠国土交通大臣は1日、閣議後の会見で賃貸住宅部門と都市再生部門の区分明確化や財務体質の見直し、ファミリー企業の剰余金返納を柱とした都市再生機構改革の工程表を公表した。都市機構が抱える14兆円の負債をできる限り圧縮するために、高額な賃貸住宅を民間へ売却などを行うほか、2013年度以降に政府100%出資の特殊会社化を検討する。

組織の見直しは、賃貸住宅部門、都市再生部門、ニュータウン部門を区分し、それぞれ組織内カンパニー制度を導入する。12年度から本格実施する予定で、民間企業並みにカンパニー別の収支や資産に関する情報を開示することになる。

2011年7月7日付け7面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)