省エネ基準適合義務化、備え着々 | 住宅産業新聞

省エネ基準適合義務化、備え着々

2020年度までの新築戸建住宅への省エネルギー基準適合義務化に向けて、中小工務店も、もはや行動を起こさないわけにはいかない。

ベースとなる「平成25年省エネルギー基準」をクリアし、認定低炭素住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)へとレベルを上げていくための施策をどう構築するか――。

昨年後半に目についたのは分譲住宅分野における省エネ基準適合義務化に向けた動きだ。グループ6社合計で年間約3万8500棟(15年3月期)を供給する飯田グループホールディングス(飯田GHD)は昨年6月、住宅性能表示制度の温熱環境等級「4」を全社統一基準にした。またケイアイスター不動産は、開発分譲地「北欧ハウスヴィレッジ川越」(埼玉県川越市、全98棟)で、高気密高断熱化のために全棟に樹脂窓を採用、平成25年省エネ基準に適応し、全棟で住宅性能表示を取得する同住宅を「健康住宅」として販売を開始した。分譲住宅をメーンに事業展開する両社の施策は、中小工務店へも基準適合化対策の〝待ったなし〟の状況を突き付けるものだ。

2016年01月01日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)