特集の内容: 住宅産業新聞ユーザー版
30歳代は「食」通じて暮らし楽しむ意識、旭化成ホームズが調査報告
15w13
 共働きの増加など家事にかけられる時間が減り、食の簡便化が進む一方で、30歳代を中心に手作り志向や食を通じて暮らしを楽しむ意識も――。  旭化成ホームズ「くらしノベーション研究所」の調査報告書『家庭でつくられる文化としての「食」・季節の「食」』による。また、毎日食事を手作り...続きを読む
「眠りの満足」得られてますか?イケア・ジャパンのベッドルーム実態調査
15w09
 『毎日、しっかり眠れている日本人はわずか23・5%』という調査結果が、世界最大級のホームファニッシングカンパニーのイケア・ジャパンから発表された。  しっかり眠れていない人は、寝室に不満を持つ人が多いという。眠りの満足度は、日中の活動にも影響を及ぼす可能性がある。一日の始...続きを読む
あなた好みの住宅外観は?ケイミューの外観嗜好調査
15w07
 新しい住まいを考えたときに気になるのが、住まいの印象を左右する「外観デザイン」。住まいの外壁材を販売するケイミューの調査によると、住まいの外観の趣味や好みは、性別や年代別によって異なるようだ。  最近では、人気の外観テイストの細分化も進んでいるという。さて、あなたはどんな...続きを読む
住宅ローン減税とすまい給付金が「延長」
15w05
 住宅ローン減税とすまい給付金は、消費税アップによる負担を和らげるために導入された制度である。2017年4月まで消費税10%引き上げが延長された結果、従来の期限である17年12月末までなら10%の負担軽減策実施の期限が8ヵ月と短かった。  そこで、消費税率引き上げ時期の変更...続きを読む
省エネ住宅ポイント創設、フラット35S金利0・6%下げへ

 昨年の消費税率アップで高額になる住宅は大きなマイナスの影響を受けた。そこで政府が打ち出したのが、「省エネ住宅ポイント」という住宅エコポイント制度の復活と、住宅金融支援機構「フラット35S」の金利の下げ幅を0・3%から0・6%へ拡大することだ。 新築やリフォームでポイント  ...続きを読む
2019年まで住宅資金の贈与税が「非課税」に
15w03
 住宅関係で2015年度の税制改正案における目玉は、住宅取得資金の贈与税非課税措置の期限を19年6月末まで延長し、消費税10%になったときに非課税になる金額を最大3千万円に引き上げたことだろう。  また、住宅ローン減税とすまい給付金も内容は変わらないが、消費税10%への引き...続きを読む
消費税8%時代は「贈与」を活用

 消費税8%時代には「贈与」をうまく活用――。  一般社団法人住宅生産団体連合会がまとめた『2013年度戸建注文住宅の顧客実態調査』によると、住宅取得資金における「贈与あり」の割合は20・2%で、前回(17・9%)を2・3ポイント上回った。  特に、20歳代と30歳代...続きを読む
住宅用PVの都道府県ランキング、地域トレンド鮮明に

 最近、住宅の取得を考えたとき、必ず話題にあがるのが「太陽光発電システム(PV)」。古くは1990年代から住宅の屋根に載せられてきた。  2009年11月に開始した余剰電力買取制度と、12年7月からスタートした固定価格買取制度が、PV普及のスピードを加速させた。今では、新築...続きを読む
「太陽光を何に変えよう」、ノーリツが中学校で出張授業

 エコや光熱費の節約、住宅ローンの借りやすさなどで注目される機会が増えた太陽光発電システムは、『太陽の光を電気に変える』最先端の技術を応用したものだ。寒さの厳しい冬場でも日中の太陽の日差しだけで40℃(快晴時、夏場は約70℃)のお湯を作り出す太陽熱温水器(ソーラーシステム)は、『...続きを読む
終了間近の住まいの取得支援制度

 住まいの取得に際して大きな金額の支援策は、住宅取得資金の贈与税非課税措置だろう。  今年12月末で期限を迎えるこの制度は、最高1千万円までの贈与が非課税となる。もっとも期限が近づいている制度であり、政府が期限の延長と非課税金額の拡大を議論しているが、結論は10月1日現在で...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)