【ユーザー版18年夏】夏に向け、快適な暮らしを | 住宅産業新聞

【ユーザー版18年夏】夏に向け、快適な暮らしを

先日、気象庁が関東甲信地方の梅雨明けを発表した。

6月中の発表は観測史上最速だということだが、梅雨が明けると夏本番。子どもたちが、待ちに待った夏休みももうすぐそこで、故郷への帰省や旅行の計画の準備も進んでいることだろう。

しかし、そこにもう一つ付け加えてほしい準備が住まいのこと。

年を追うごとに夏場の気温が高くなっている日本だが、今年も厳しい暑さの夏となりそうで、熱中症への備えは必須といえる。

それほど暑さを感じなくても熱中症にはなるといわれている。カーテンやオーニングで日射しを遮るといった工夫のほか、迷わずエアコンを使って涼を取ってほしい。さらに、新たに住宅を取得するという選択肢もある。

最新の戸建住宅は、耐震性といった構造躯体としての高い強度、耐久性向上に伴う長寿命化に加え、断熱性能や気密性能が高く、より快適で省エネルギーな住まいとなっている。最新のスマートハウスやZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)では、太陽光発電システムやエネファーム(燃料電池)のような創エネ設備、蓄電池のほか電気自動車(EV)を蓄電にも使う蓄エネルギーの仕組みもあり、もう一歩先を行く暮らしが実現できる。住宅展示場の住宅は、そうした最新の技術が盛り込まれたモデルハウスばかり。

気軽に相談してみてはいかがだろうか。

ユーザー版2018年夏季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)