キーワード: 住宅履歴

FPコーポレーションが住宅履歴「うちログ」スタート、家具・家電や光熱費情報の蓄積も

ニチハの子会社でFPウレタン断熱パネルを製造・販売するFPコーポレーション(本社=札幌市東区、光村惠範社長)は、住宅事業者・所有者向けに住宅履歴情報管理システム「うちログ」のサービスを開始した。 『資産価値のある家づくり・得体の知れる家づくり』を目指し、新築時の設計図書の記...続きを読む

住宅履歴情報活用で部品業界や仲介業界との協定も、協議会が検討結果を公表

一般社団法人住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会は、住宅履歴情報の活用メリットを高めるためには情報サービス機関の協議会的組織が住宅部品関連業界や不動産仲介業界などと連携・協定関係を構築することが効果的だとする検討結果を公表した。 協定を結ぶことで、リコール回収率や既存住宅売買時...続きを読む

工務店サポートセンター、「住まいの管理手帳」の利用を推奨

一般社団法人工務店サポートセンター(青木宏之理事長)は、住まい手に住宅のメンテナンス及び履歴情報蓄積の必要性を説明するツールとして、会員工務店に(財)住宅金融普及協会発行の「住まいの管理手帳 日頃のお手入れはこれ1冊でOK! 戸建て編」の利用を推奨していく。 同管理手帳は従...続きを読む

TDY、10月から全国4会場でリモデルフェアを開催

TOTO、大建工業、YKKAPの3社によるアライアンス(以下、TDY)は10月15日の名古屋を皮切りに、来年4月24日まで全国4会場で3社共同の「グリーンリモデルフェア10―11」を開催する。延べ6万2千人の来場者を見込んだ。 フェアは、TDYが2008年から取り組んできた...続きを読む

アキュラホームが全新築の住宅履歴情報を共通ID管理、国産材化の推進も

アキュラホーム(本社=東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は8日、(1)共通IDによる新築の住宅履歴情報管理(2)使用木材の国産材化(3)大規模木造建築の商品化に向けた検討――を進めることを明らかにした。住宅履歴情報の共通ID管理および使用木材の国産材化の施策については、一定期間後、...続きを読む

パナ電工、3年連続で長期優良住宅先導事業に採択

パナソニック電工は、「テクノストラクチャー長期優良住宅リレーシステム2010」が国交省の長期優良住宅先導事業の住宅の新築部門に採択されたと発表した。独自開発の木造耐震住宅工法テクノストラクチャーに関するプロジェクトが採択されたのは、3年連続3回目。 提案内容は、従来の木造工...続きを読む

非住宅や中古で新施策、各住宅団体の今年度事業

各住宅団体は5月下旬に相次いで総会を実施、今年度の事業戦略を明らかにした。 (社)日本ツーバイフォー建築協会は非住宅の需要開拓を鮮明に打ち出し、月内に新たに取得する見込みの耐火構造認定を、多様な外観デザインを実現できる2×4耐火認定として普及する。 (社)日本木造住宅...続きを読む

住宅履歴情報の協議会が発足、共通ID扱う情報サービス機関が主体

住宅履歴情報システムを運用する情報サービス機関などで構成する「一般社団法人住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会」(以下、協議会)が、5月10日に発足した。協議会加盟の情報サービス機関が扱う登録情報は、住宅所有者が閲覧できる措置を講じる必要がある。情報サービス機関としての加盟は、原則...続きを読む

住宅履歴共通IDで協議会発足、4月から活動開始

共通IDを扱う「住宅履歴情報管理・活用協議会」(仮称)が3月に発足、4月から活動を始める。共通IDとは、戸建・マンション、新築・中古の全住宅を識別・特定可能な固有番号で、建築やメンテナンスなどの住宅履歴情報に関する管理システムの基盤。共通IDが付与された住宅は同IDを扱う事業者...続きを読む

東京都、11月4日に住宅履歴などに関する「家づくりセミナー」

東京都は11月4日、住宅履歴情報の必要性などを説明する講演会「これからの家づくりセミナー2009」を、新宿の都議会議事堂1階の都民ホールで開催する。明海大学不動産学部の教授で、住宅履歴情報整備検討委員会の普及啓発部会部会長を務める、齊藤広子氏が基調講演を行うほか、国土交通省の担当...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)