住宅履歴情報整備検討委員会、共通ID配布で17日と20日に説明会 | 住宅産業新聞

住宅履歴情報整備検討委員会、共通ID配布で17日と20日に説明会

住宅履歴情報整備検討委員会(委員長:野城智也東京大学教授)は17日と20日、東京・千代田区の(財)ベターリビングで「住宅履歴情報の蓄積・活用の社会実験に係る説明会」を行う。説明会では、(1)委員会が進める「住宅履歴情報の蓄積・活用」の主旨(2)共通ID配布など今回行う社会実験の概要(3)社会実験参加のためのエントリー要件および手続き――などが説明される予定だ。詳細は住宅履歴情報整備検討委員会のホームページに掲載されてい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)