大手住宅企業(大和ハウス工業、旭化成ホームズ、積水化学住宅C)の21年度上期決算=受注高が2ケタ増に、ローン減税切れ・原材料価格高騰を懸念

主要な戸建住宅会社3社(大和ハウス工業、旭化成ホームズ、積水化学工業住宅カンパニー)の2022年3月期第2四半期連結決算が出揃った。

3社とも増収増益を達成。受注高も2ケタ増と、下期以降の業績拡大に期待が持てる結果となった。

一方、原油・資源高による部資材価格の高騰懸念、政府による住宅取得支援策の期限切れなどを背景に、先行き不透明感を懸念する声もあがっている。

大和ハウス工業の住宅関連部門(戸建て+賃貸+マンション+住宅ストック)の業績は、売上高9875億円(前年同期比9・5%増)、営業利益660億円(同28・9%増)、受注高(戸建て+分譲+土地+集合+マンション)は4415億円(同14・6%増)。芳井敬一社長によると、受注残は20年度と比べて1千億円ほど増えているという。受注残の国内外の内訳は、海外が820億円、国内が180億円。

資材価格の高騰については、「木材価格は落ち着いてきたが、鉄の値上がりが予測不可能。今後の受注から、価格転嫁せざるを得ない状況」(芳井社長)とする。

2021年11月18日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)