優良ストック住宅推進協議会、スムストック専用ローン取り扱い開始

優良ストック住宅推進協議会(会長=和田勇積水ハウス会長兼CEO)は8月29日、三井住友信託銀行と提携し、スムストックの認定を受けた既存住宅の購入資金とリフォーム資金の一体ローン「スムストックローン」の取り扱いを開始した。最長35年間、住宅ローンと同様の優遇金利が適用される。スムストックは、住宅履歴、長期点検・メンテナンスプログラム、耐震性能を満たす加盟10社の既存住宅。スムストック査定は、構造躯体と内装・設備機器などにわけて既存住宅の建物を評価し、専門資格である「スムストック住宅販売士」が建物額を算定する。この算定額がローンの担保評価額となる。同協議会によると、同様のローンについては、メガバンクでも取り扱いを検討している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2016年09月01日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)