スムストックを今後3年で1万棟に、参加各社トップ級が推進の方向で合意=優良ストック推進協

優良ストック住宅推進協議会(会長=和田勇積水ハウス会長兼CEO)は、「スムストック」の年間取り扱い量を3年後の2017年度までに1万棟へ拡大させる。スムストックの取り扱い量は2014年度(14年7月~15年6月末)1297棟で、前年度比70%増と大幅に増えているが、協議会参加10社の市場に流通する既存物件の年間流通量約1万4千棟に占める割合は約9・3%にすぎない。9割以上が一般の不動産仲介に流れている状況となっているが、この要因を「(一般ユーザーの)まだ、認知度が低い。と同時に、メーカーのスムストック住宅販売士がまだ少ない」(和田会長)とみている。同協議会では、スムストックの高い査定価格を顧客に認知させるよう参加各社に働きかけるとともに、各社の販売士増加を支援する。

2015年09月03日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)