キーワード: 川木建設

川木建設、顧客数増加に向け施策、イベント開催に力を注ぐ

埼玉県川越市を中心に近隣市町村を商圏とする川木建設(埼玉県川越市、鈴木健二社長)は、戸建注文住宅事業拡大のため、2020年までに顧客リストの登録者数を現在の約700件から8倍の5千件以上にすることを目指す。そのために、従来以上にイベント開催に力を入れるほか、自社ホームページの集...続きを読む

川木建設、相続対策セミナーを開催

川木建設(埼玉県川越市)は、15日に埼玉県川越市内で地主・家主向けの相続対策セミナー「小江戸塾」を開催する。今回の小江戸塾は、第一部が行政書士・司法書士・税理士・ファイナンシャルプランナーによる相続対策セミナーで、突然の相続で慌てない、争わないために不可欠な正しい知識を解説する...続きを読む

川木建設、3月7日、8日に「二世帯住宅建替実例見学会」を開催

川木建設(埼玉川越市)は3月7、8日の2日間、埼玉県川越市内で木造注文住宅完成見学会「二世帯住宅のかしこい建替え実例見学会」を開催する。参加費は無料。 今回のコンセプトは、「30坪でも二世帯家族がゆったり暮らせる家」。無駄のない間取りでスペースを確保し、壁面や窓の使い方...続きを読む

川木建設、収納術セミナー&住宅見学会を同時開催

川木建設(埼玉県川越市、鈴木健二代表)は、28日と3月1日に整理収納アドバイザー1級の講師を迎え収納術セミナーを開催する。また同時に収納にこだわった木造注文住宅の実例を公開する見学会も開催する。収納術セミナーはモノが捨てられない方、片づけが苦手な方を対象に整理収納アドバイザー1...続きを読む

川木建設、10キロワットの太陽光発電搭載でローン負担軽減を訴求

川木建設(埼玉県川越市、鈴木健二社長)は、太陽光発電の全量買取制度を戸建注文住宅の販促に役立てる。同制度を活用し埼玉・川越エリアで10キロワット以上の太陽光発電を搭載した同社の戸建住宅を建てると、売電収入により毎月の住宅ローンの実質負担額を5~6割軽減できる可能性を訴求する。 ...続きを読む

川木建設のサ高住事業が滑り出し順調、建築・運営をワンストップ提供=前期契約目標をクリア

川木建設(本社=埼玉県川越市、鈴木健二社長)が前期に立ち上げたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)事業が順調な滑り出しだ。前期は事業初年度目標の受注1棟をクリア、目標2棟の今期は既に受注1棟を確保した。今後は事業年度毎にプラス1棟の受注を目標に上積みしていく。同社のサ高住事業は...続きを読む

川木建設、スマートハウスを段階的に提案=モデルハウスも先週末オープン

埼玉で総合建設業を展開する川木建設(本社=埼玉県川越市、鈴木健二社長)は12日と13日の両日、スマートハウスのモデルハウス内覧会を行った。 同社はスマートハウス販売で、(1)長期優良住宅の性能を備え、通風・採光にも配慮した設計を行い高い省エネ性を持つ「エコ躯体」購入(2)エ...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)