新和建設、地域の信頼獲得し紹介受注へ、集いの場や朝市を提供 | 住宅産業新聞

新和建設、地域の信頼獲得し紹介受注へ、集いの場や朝市を提供

愛知県北名古屋市の新和建設(藤井保明社長)は、住宅展示場を地域のコミュニティの場として開放し、それを紹介受注につなげるユニークな取り組みを広げている。同社の年間の新築注文住宅引き渡し棟数は200棟、1千万円以上のリフォーム施工棟数は60棟以上。このうち4割は紹介による受注だ。紹介は確かな建築技術と地域での信頼がなければ成り立たない。同社の信頼の一助となっているのが単独展示場「木香の森(きのかのもり)」(愛知県北名古屋市)と「恵木の杜(えこのもり)」(岐阜県可児市)。両展示場は地域の人たちに利用してもらえるコミュニティサロンを設け、毎日、カルチャー教室を開催している。恵木の杜では日曜日に地元JAの協力を得て朝市も開く。こうした日頃のコミュニケーションが地元工務店としての信頼度を高めることにつながっている。同社はこの信頼に基づく紹介の割合をさらに拡大するべく、今年9月に知人紹介キャンペーン「SINWA縁づくりプロジェクト」をスタートさせた。

2015年11月26日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)