サンヨーホームズ、賃貸集合住宅をZEH化=住棟単位で一次エネ削減率75%以上に

サンヨーホームズ(大阪市西区、松岡久志社長)は、プレハブ構造の賃貸集合住宅でZEH―M仕様を標準化した。

断熱性能の強化と太陽光発電システム、省エネ設備、HEMSの搭載などで、住棟単位で一次エネルギー削減率75%以上とするニアリーZEH―M以上を積極的に提案する。施主・入居者双方のメリットを訴求することで、他社商品との差別化を図りたい考えだ。

同社は1戸あたり単価の上昇が見込めるため、受注拡大に期待する。

同社の賃貸集合住宅のこれまでの標準仕様は、窓ガラスはペアガラス、省エネ機器はLDKのみ高効率エアコンを設置していた。創エネ設備はなく、一次エネルギー削減率は19%。これは、ZEH―Mが求める一次エネ削減率(再エネ除く)20%以上をわずかに下回っていた。

同社が4月27日から提案を開始した新仕様は、窓ガラスがLow―Eペアガラス、省エネ機器は全室に高効率エアコンを設置したほか、LED照明と高効率給湯器を採用。さらに、創エネ設備として太陽光発電システム(PV)を搭載した。同社によると、一次エネルギー削減率は75%まで引き上げられるという。

2021年05月27日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)