◎KNDコーポレーションがコロナ禍やクーデターの影響を踏まえて、実習生の短期訓練体制を国内で整備~実習が継続困難なケースをサポート◎ | 住宅産業新聞

◎KNDコーポレーションがコロナ禍やクーデターの影響を踏まえて、実習生の短期訓練体制を国内で整備~実習が継続困難なケースをサポート◎

KNDコーポレーション(埼玉県戸田市、神田充社長)は、ミャンマー人を教育して建築現場で即戦力となる技能実習生として輩出してきた。

同社では2017年7月からヤンゴン市内で日本の建築現場を再現したトレーニングセンターを運営していたが、昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大や今年2月に発生したクーデターの影響で1年以上の閉鎖を余儀なくされている。同社では、コロナ禍で実習生が帰国できないことや実習先の事業縮小などにより実習継続が困難となった場合、政府が認める特定活動という在留資格を経て建築業界に再就職する際は同社の加須トレーニングセンター(埼玉県加須市)で短期間の訓練を行う体制を整備した。

これによって受け入れ企業の生産活動に支障を来さなくなると考えており、5月の連休明けからは取引のある企業に対して告知も行っている。

2021年05月27日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)