積水ハウスと千葉大予防医学センター、都内で29日に室内空気環境シンポ

積水ハウスと千葉大学予防医学センターは、WHO(世界保健機構)のカルロス・ドーラ博士記念講演として室内空気環境シンポジウム「『空気環境と健康増進』~子どもたちの未来に私たちができること~」を開催する。同社と千葉大予防医学センターは、2007年から「ケミレスタウン・プロジェクト」を通じて室内空気環境と健康増進について共同研究をおこなっているが、今回はWHO環境保険部コーディネーターのカルロス・ドーラ博士とともに、現代社会における空気環境と健康の問題、化学物質・アレルギー対策の動き、同社の住宅技術開発や取り組み実績、今後の展望などを発表する。会場はイイノホール&カンファレンスセンター4階ルームA(千代田区内幸町)、日時は29日(水)14時から17時まで。問い合わせ・申し込みは、千葉大予防医学センターのホームページから。

修正=記事掲載当初、「婚言お展望」に誤りがありました。正しくは「今後の展望」です。2016年06月21日12:35に修正しました。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)