ソーラーフロンティア、蓄電システムの販売を開始

ソーラーフロンティアは、「蓄電システム・HEMS(家庭用エネルギー管理システム)」の販売を開始した。蓄電容量7.8kWhの日本電気(NEC)製の小型蓄電システムと同社製クラウド型HEMSを採用。停電時の非常用電源としての活用や、同社の太陽光発電システムを連携させることで、発電電力の夜間利用、割安な夜間電気を昼間に利用することができる。

万一の停電発生時は、さまざまな家電機器を約18時間使用可能。停電が発生すると、重要負荷分電盤に接続した家電機器に、蓄電システムから自動的に電力を供給する。太陽光発電システムと連携していれば、長期の停電にも対応する。気になる電池残量も、操作パネルで確認することができる。

インターネットを介して24時間・365日、蓄電システムの状態を監視する。小型蓄電システムでは業界最長の15年保証サービスに対応する。また、保証期間中に蓄電容量が半分未満(3.31kWh)になった場合も修理する。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)