2021年9月16日(第2058号)/積水ハウスリフォームの「いどころ暖熱」、2021年度上期実績が前年超え=既存住宅の一部をZEHレベルの快適性に、単価上昇にも寄与

お知らせ
9月23日付の新聞発行は休刊とさせていただきます。次号発行は9月30日付(第2059号)です。【編集部】

積水ハウスリフォームの「いどころ暖熱」、2021年度上期実績が前年超え=既存住宅の一部をZEHレベルの快適性に、単価上昇にも寄与

主なトピックス
積水ハウス21年度第2四半期決算、過去最高の売上高に=戸建て・賃貸とも棟単価が上昇/アイム・ユニバースが屋上テラスに注力した高仕様住宅「&RESORT HOUSE」を展開、快適な住まい追求=在宅時間の増加にも対応/パナソニック・クックパッド、単身向け賃貸リノベで協業=キッチン空間の質向上で物件価値向上の差別化提案、システムキッチン「ラクシーナ」使い/22年度エネ庁と環境省の概算要求、戸建てZEH予算は前年並みの要望/第15回キッズデザイン賞最優秀賞候補など、ノミネート作品決まる=旭化成ホームズ、ケイアイスター不動産、積水ハウス

連載
コラム「ひと」=大建工業広報部広報室の黒澤秀和さん/新たな地域工務店を目指して(34)アトラクトパートナーズ代表・福浦祐一/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=327/注目の助成金=97(ナビット社長 福井泰代)/ネット追客の成功法=99(㈱追客力代表 曽根田太郎)/SDGsの必要性=下(アキュラホーム広報課 西口彩乃)

掲載記事一覧
日本モバイル建築協会、製造ライセンス提供開始=第1弾は木軸構法/東京建物、東京・八重洲などで脱炭素型持続可能なまちづくりで共同研究/東京建物、SBT認定を取得=CO2、2030年度までに40%減/主要住宅企業の2021年8月受注速報、ハードル高く6社マイナス/【トレンドナビ】スムストック成約状況を分析=新築価格の45%で契約、売り主の9割が「コロナ影響なし」/住友林業クレスト、鹿島工場で100%再エネ化=太陽光発電と非化石証書で実現/東京セキスイハイム、50周年記念まちづくりプロジェクト第1弾=横浜市瀬谷区で16区画を開発/中央住宅が大宮営業所を開設、人気エリアでシェア拡大を=住み替え層の獲得に注力/ヒノキヤグループが24時間オート加湿システム『極楽加湿』を販売、Z空調と併用で快適加湿空間に/ケイアイスター不動産が「ハナレ」の第3弾を発売、コンパクトな1畳タイプとして/LIFULLが気候変動セミナー、「水害リスクから考える住まいの探し方」をテーマに/リクルートがDX推進会議を開催、野村不動産が実践事例を紹介/住宅用温水洗浄トイレ、受注停止や納期延長=ベトナムのロックダウン・受注急増で/パナソニック、新「キュビオス」発売延期に=生産システム立ち上げ遅れで/リンナイ、センサーで自動暖房しヒートショック予防の水式浴室暖房乾燥機新製品=浴室の黒カビも抑制/TDY、〝十人十家〟キャンペーン10月から/クリナップ、普及帯システムキッチン「ラクエラ」刷新=基本プラン、レンジフードや大型シンク標準に/大建工業、キッズデザイン大賞などに作品ノミネート=幼保向け「キントーン」/淡野博久新住宅局長、「後退なく進めていく」、脱炭素施策について/強風による足場倒壊防止で、アクセスが対策とりまとめ/不動産協会、ローン減税継続要望、限度額・控除期間の確保も/東日本レインズ、8月の中古住宅流通、成約件数が14ヵ月ぶり減少/1Qの「リ・バース60」、実績戸数2割減、住宅金融支援機構/21年度の「住生活月間」、「新たな日常」がテーマ/ウェルネストホーム九州がサステナブル建築物等先導事業で採択、レジリエンス対応で 他

人事・機構改革
大和ハウス工業

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)