大手住宅2012年度第1四半期受注、まだら模様へ | 住宅産業新聞

大手住宅2012年度第1四半期受注、まだら模様へ

大手住宅企業の2012年度第1四半期受注(4~6月速報値)は、四半期累計値を公表している3月期企業7社のうち、前年同期実績を上回ったのは3社にとどまった。

8社中6社が同プラスだった11年度第1四半期とは大きく様変わりした格好だ。ただ、昨年は3月の東日本大震災の影響が残る中での受注という特殊要因を踏まえ、「受注環境として、悪化という感じはしない」とみる向きは多い。先行指標の展示場の来場動向が堅調である点も大きいようだ。反面、住宅エコポイントの終了など支援策の先細りに加え、消費税の税率アップといった先行きへの懸念も強まる。

各社の住宅受注速報をみると、前年同期実績を上回ったのは旭化成ホームズ、住友林業、積水化学工業住宅カンパニーの3社。また、1月期と決算期が異なる積水ハウスも、2~6月累計でプラスとなっている。

2012年7月19日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)