16年3月期住宅7社、受注額速報の伸び堅調

2016年3月期末の主要戸建住宅企業7社の受注金額速報値がまとまった。旭化成ホームズと三井ホーム以外はプラスとなった。旭化成ホームズは、年度前半の戸建ての低迷に加えて杭データ流用問題による広告自粛の影響で集合住宅(賃貸住宅)が低迷したことが大きかった。また、三井ホームは、大規模物件の受注がなかったことで通期でもマイナスとなった。一方、プラスとなった企業は「ほぼ見込み通り」(大和ハウス工業)で、相続税増税による賃貸住宅の好調さと戸建ての回復基調を反映したものとなった。ただ、消費増税の反動減から回復してプラス受注となった戸建ての水準は「満足いくものではない」(パナホーム)と、年度前半の回復のもたつきを指摘する声もあった。

2016年04月21日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)