ジャパンホームシールド、ウェブシステム導入拡大で地盤調査・工事の品質強化 | 住宅産業新聞

ジャパンホームシールド、ウェブシステム導入拡大で地盤調査・工事の品質強化

ジャパンホームシールド(JHS、東京都墨田区、斉藤武司社長)は、住宅地盤第三者認証システムを手がけるジオサイン(東京都千代田区、成田芳文社長)の「G―Webシステム」の採用を拡大し、同社が提供する地盤調査の品質を一層強化する。同システムを活用し、地盤調査や杭打ちなどの地盤補強工事に関して、位置・画像・計測・施工の各データを現場からウェブ上にアップすることで、データを保存する際の誤りや入力ミス、改ざんを完全防止する。今後、同システムの利用を促進して2020年までに地盤調査においては100%導入、杭打ちなどの地盤補強工事では50%以上での利用を目指し、調査の信頼性を向上させる。

2016年04月21日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)