10月受注速報額、戸建て回復・集合は堅調、展示場来場好調で11月以降の受注増に期待も

主要戸建住宅企業11社の10月における受注金額(速報値)がまとまった。それによると前年同月と比べてマイナスだったのは11社中5社だった。マイナスになった大和ハウス工業は、金額的に大きい商業建築が2割減だったことが主な要因で、住宅や集合(賃貸)、マンションの受注は引き続き堅調だった。また、二ケタ減だった三井ホームも特殊要因で3割増加した前年の影響が大きく、「水準は決して悪くない」とみている。一方、旭化成ホームズは、杭データ流用問題の影響はみられず、4ヵ月ぶりにマイナスから脱しており、特に、戸建てはプラスに転じるなど好調だった。全体的に住宅展示場の来場者は、9月のシルバーウィークの大型連休以降、10月も引き続き好調で「来場者数は32%増加している」(パナホーム)。「集客から受注まで1~2ヵ月かかる」(ミサワホーム)ことから、各社とも11月以降の受注増に期待する。

2015年11月19日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)