新築の構造材、LVLに加えて本年告示のCLTも | 住宅産業新聞

新築の構造材、LVLに加えて本年告示のCLTも

木造非住宅や中大規模木造に取り組む動きが業界で目立ち始めている。規模によってはRC造などよりコストを圧縮できる、「現し」という木材ならではの意匠ができる――などのメリットがあるためだ。

これらの流れに加え、木造新築を木軸や大断面の構法ではなく、Laminated Veneer Lumber(LVL)やCross Laminated Timber(CLT)でトライする事業者がいる。LVLを扱った大和工務店(鈴木晴之社長)と日本CLT協会(中島浩一郎会長)を取材した。

2016年01月01日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)