新築の構造材、LVLに加えて本年告示のCLTも | 住宅産業新聞 | Page 4

新築の構造材、LVLに加えて本年告示のCLTも

「おそらく告示が出る来年以降、林産業を地元の基幹産業に抱える自治体を発注者とする、地域振興のシンボリックな意味合いを持つCLT建築が増えるだろう。

だが本当にCLTの消費量を増やそうとするのであれば、そのような官需以外に民需での市場開拓を欠くことができない」、「民需でも非住宅に留まらず、住宅用途で広く使われるようにならなければいけない。

その時、設計者に『ここはぜひCLTを使いたい』と思わせる用途を中長期的に生み出せるかどうかで、消費の伸びが決まると思う」

日本CLT協会ではCLT実験棟の構造上の特長について、「CLTの空間的な特長を引きだそうと、3メートルの片持ちのバルコニーや、6メートルの吹き抜け空間、室内側を『現し』などの試みを行った」と説明している。来年度以降、建築研究所と共同で、階下に及ぼす歩行振動音の影響といった住宅としての用途・使用を強く意識した実証実験を、本格化させる方針だ。

2016年01月01日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)