与党の選挙公約、住宅エコPとフラット35金利下げ

2日に公示され14日に投開票を迎える衆議院議員総選挙に向けて各政党の公約が出揃った。

自民・公明・民主、維新の各党について、住宅政策に関する記載をみると、自民・公明党の与党は経済対策として住宅エコポイントとフラット35の金利引き下げ、リフォーム産業の活性化、空き家対策、「コンパクト+ネットワーク」による都市機能集約化、地方への移住促進などをあげた。

一方、民主党は住宅の断熱義務化・省エネ努力の「見える化」を、維新の党はエコ住宅減税の拡充を掲げた。

2014年12月04日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)