リクシル、快適な温熱環境のメリットをユーザーに体感してもらう施設『住まいスタジオ』を新宿で開設=冬期の室内環境体験などで『HEAT20・G2』を訴求

LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は東京都新宿区の「LIXILショールーム東京」の一部を改装し、快適な温熱環境のメリットをエンドユーザーに体感してもらう施設『住まいStudio(スタジオ)』を1日に開設した。冬期の室内環境が体験できる施設は同社初。同社では、冬期の『昭和55年省エネ基準』・『平成28年省エネ基準』・『HEAT20・G2』の室内空間体験などを通じ、見込み客に健康と光熱費の点から『HEAT20・G2』および『「HEAT20・G2」+太陽光』、ZEHの仕様を訴求できる場として、地域工務店とビルダーに施設の活用を勧めている。『住まいスタジオ』では、各エリアの見学順路が見込み客に断熱の必要性を実際の打ち合わせ時に内容説明する順番とほぼ対応しているほか、施設からの退出間際に『HEAT20・G2』が『平成28年省エネ基準』より優れている点をモニターで再度アピールできるクロージング的な場が設けられているなど、全体として商談の打ち合わせ時の活用を強く意識した作りになっている。

2017年10月05日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)