住団連が国交副大臣らへ税制改正要望、住宅ローン減税維持に理解求める | 住宅産業新聞

住団連が国交副大臣らへ税制改正要望、住宅ローン減税維持に理解求める

住宅生産団体連合会は21日、国土交通省が実施した2010年度税制改正に関する、各業界団体へのヒアリングに関連して要望書を提出した。要望書の提出は、住団連の樋口武男会長が、辻元清美副大臣と長安豊政務官に対して行ったもの。樋口会長は、昨今の新設住宅着工が大幅なマイナスとなっており、社会・経済に与える深刻な影響を、経済波及効果の観点で説明。その上で、住宅ローン減税が若い子育て世代の住宅取得への下支えになっているとして、基幹減税の延長への理解を求めた。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)