住団連樋口会長「景気対策と住宅対策、車の両輪で」 | 住宅産業新聞

住団連樋口会長「景気対策と住宅対策、車の両輪で」

(社)住宅生産団体連合会の樋口武男会長は27日、理事会・臨時総会後に記者会見を開き新設住宅着工に伴う経済波及効果は大きいが、景気回復には住宅だけでは難しい、との認識に立ち「車の両輪のように、景気対策と住宅対策の両方を行うべき」との見解を示した。

樋口会長は「前原(誠治)国土交通大臣の成長戦略の5本の柱の一つに住宅が取り上げられ、税制・金融の両面でも過去にない体制整備が行われている」と評価。その上で「根本的には景気対策が重要。景気を浮揚させる役割を担うのも住宅ではあるが、住宅だけでは牽引するのは難しい。従って車の両輪のように、景気対策と内需中心の住宅対策とが相まって、10万戸や20万戸の増加が見込める。根本的な景気自体の浮揚策が重要になる」とした。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)