住団連、経済対策・22年度施策要望を国交大臣に提出=期限迫るローン減税「早急な対応を」

住宅関連9団体で構成する住宅生産団体連合会(会長=芳井敬一大和ハウス工業社長)は17日、赤羽一嘉国土交通大臣に経済対策要望と2022年度施策に関する要望を行った。

控除期間を13年間とする住宅ローン減税特別措置など20年末に措置された経済対策の適用期限が今秋に迫っていることから、早急な対応を求めた。

このほか、2050年カーボンニュートラルの実現に向けたZEH補助制度の大幅拡充、地方創生や居住ニーズ多様化への対応など、新たな生活スタイルや住宅業界の将来を見据えた内容を盛り込んでいる。

2021年08月26日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)