ベルテックス「ベルガーデン白百合一丁目」、快適と家計を両立=フラット35Sに適合する住宅

ウスイグループの関連会社で分譲住宅事業を手掛けているベルテックス(神奈川県横須賀市、武田哲社長)が展開している「ベルガーデン白百合一丁目」は、「快適と家計を両立した分譲地」というコンセプトによりフラット35S(金利プランA)に適合する住宅とすることで購入検討者に省エネ性能をわかりやすく訴求。昨年4月からはワークスペースの導入や庭スペース確保など、「家の中で過ごしやすい空間や快適性を重視するようになった」(開発統括・池田浩マネージャー)という取り組みもあって、同分譲地は7月22日の販売開始から1ヵ月で完売した。

2021年08月26日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)