国土交通省、省エネ対策効果の試算根拠を開示、内閣府開催のタスクフォースで、50年の新設着工は65万戸

国土交通省は17日、2050年に住宅ストックの平均BEIが0・8程度となる「省エネ対策の効果」を試算した根拠として、新築住宅着工戸数が65万戸、50年の住宅ストック4664万戸となる試算条件を示した。

内閣府が開催した「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース(以下、再エネTF)」の住宅建築物の省エネ対策を議論する会合の資料として提出し、解説した。再エネTFではこれまでメンバーや参加した学識者が、算定根拠となるデータの開示を求めてきており、7月に同省と経済産業省、環境省などが合同で開催している「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会(同、省エネ検討会)」でも、見直しを行った将来的な着工戸数推移を示していたが、さらに根拠をまとめた。

同日の会合でTFのメンバーは検討会での議論を基本的に了承。ただ同省に対し、省エネ基準義務化の実現と、引き続き情報開示に務めることやフォローアップを要望した。

2021年08月26日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)