三協立山・三協アルミ社、施工性と意匠性の両立目指したアルミ形材製ガーデンスクリーン『ベルサード』発売

三協立山・三協アルミ社(富山県高岡市、中野敬司社長)は3月、施工性と意匠性の両立を目指したアルミ形材製ガーデンスクリーン『ベルサード』を発売した。パネルを上下2段に組み合わせる多段構造として施工性を向上させつつ、上下2段のパネルの連結部が目立たない1枚のスクリーンのような意匠としたことが特徴で、スクリーンの高さは1600ミリから2400ミリの間で200ミリピッチで選べる。戸建住宅のほか集合住宅の外構にも適する商品として訴求する。

2019年04月18日付6面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)