SUBLIME HOME、SDGsコンセプトの分譲地=まちづくりの発信強化へ

SUBLIME HOME(滋賀県草津市、南井崇作社長)は、SDGs(持続可能な開発目標)の考え方をコンセプトとした分譲地づくりにチャレンジしている。現在、滋賀県湖南市に27棟からなる「ホリデータウン」および同県栗東市の「ホリデープレイス」(全4棟)といった分譲地を展開するなど、同社では分譲地全体の庭や外構計画に取り組んでおり、分譲地内には自然と共存できる共有スペース「コミュニティーガーデン」を設置している。

新型コロナウイルスの感染拡大によって郊外で広いスペースを求める声が多くなっていることから、今後もSDGsに関するまちづくりの取り組みについて発信を強化していく。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年02月01日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)