ファジー・アド・オフィスの展示場DX、サイト上で事前に情報登録=展示場見学時の初回接客の品質向上に

住宅展示場運営のファジー・アド・オフィス(東京都新宿区、梶谷文明社長)が注力するDX戦略。着手のきっかけは、コロナ禍以前の2019年まで遡るという。

住宅取得検討者の情報収集手段として「インターネット」が定着し始めたころ、「展示場のサイトから他のページへ移動するのを食い止める。離脱率を下げる」ことを目的に、来場予約システムや掲載コンテンツの充実を図った。

その成果は、20年の同社アンケートで、展示場来場のきっかけとして「ウェブサイト」と回答した人がそれまで最多だった「新聞の折り込みチラシ」を上回ったことからも推察できる。同社は現在、DXの導入で顧客体験価値の向上と検討作業の効率化を目指している。

同社のDXで最も効果がわかりやすいのが「オンラインエントリー」だろう。

オンラインエントリーは、展示場のサイトからマイページが作成できるサービス。マイページには、名前や連絡先、現住所のほか、現在の居住形態、同居人数、世帯年収、住宅取得計画の有無などが登録できる。さらに、サイト上からモデル棟の見学予約やカタログ請求、土地探し依頼、間取り設計依頼などが行える。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年02月01日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)