トヨタグループの住宅事業、来年10月にトヨタホームへ一元化 | 住宅産業新聞

トヨタグループの住宅事業、来年10月にトヨタホームへ一元化

トヨタグループの住宅事業が、トヨタホームに一元化されることになった。2010年10月1日付で、トヨタ自動車から技術開発と生産を担当する住宅事業本部を分離し、トヨタホームに移管するもの。新築住宅の市場環境が厳しさを増す中で、工販一体化による事業運営や商品開発の迅速化につなげるのが狙い。トヨタホームの清水一平専務は「事業自体は黒字が続いており、住宅会社として自立できる収益体質になったとの判断」としている。2010年度までに、戸建住宅で7千戸、マンションなどを含めて1万戸を供給する体制を構築する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)