トヨタホームがリフォーム事業本格化、新会社設立し市場開拓

トヨタホームが、リフォーム事業を本格化させる。新会社『トヨタホームリフォーム』を設立し、自社供給以外の物件の受注を行う。防犯性と通風を両立させたブラインドシャッター「エアリーガード」やオリジナルのエコキュートの販売など、トヨタ自動車グループでの取り組みも強める。同社の森岡仙太社長は、以前から「新築戸建住宅の一本足打法からの脱却」として、事業多角化を打ち出しており、今回はその一環となる。
新会社は、資本金5千万円でトヨタホームの全額出資。本社は愛知県安城市に置き、社長に石川裕和トヨタホーム取締役が就任した。従業員数は当初20人でスタートするが、年度内にも40人体制としていく。

2013年8月8日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)