2030年度の住宅着工は52-56万戸、建設経済研究所の予測

一般財団法人建設経済研究所は「建設経済レポート」で建設投資の見通しを公表した。その中に盛り込まれた2030年度までの新設住宅着工予測によると、20年度までは85万戸~90万戸、21年度~25年度では69万戸~71万戸、26年度~30年度では52万戸~56万戸となり、今後10年~15年で住宅着工戸数は現在の6割程度にまで落ち込むと予測している。
同研究所の新設住宅着工の中長期予測は、社会経済情勢や住宅市場活性化に向けた施策などを予測に反映することは難しいとし、近年の住環境に関するニーズや空き家増加などの要因を加味。将来の人口動態や世帯数の増減、住宅の除却までの期間といった住宅ストックの性能についても考慮している。

2016年05月12日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)