第2四半期の地価LOOK、緩やかな上昇継続、マンションへの投資堅調

 国土交通省が17日に公表した四半期ごとの高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)によると、2018年第2四半期(4月1日~7月1日)の都市の地価動向は、上昇基調となる地区が全体(全国100地区)の95%を占めた。

 前回(18年1月1日~4月1日)と比べて、上昇幅が0%超3%未満となる地区が増え、3%以上6%未満の比較的高い上昇幅の地区が減っているが、横ばいの地区も減少している。同省では緩やかな上昇地区が増えている要因として、再開発による繁華性の向上や利便性の高い地域でのマンション需要が堅調であることなどを挙げた。

 これらの要因から、商業施設やマンション、オフィスへの投資が堅調さを維持しており、上昇幅を縮めた地区も、これまでの地価高騰から落ち着きを見せつつ、引き続き上昇傾向にあるためと説明している。


2018年08月23日付5面から一部を抜粋
お得で便利な定期購読のご案内
デジタル版を試し読み!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)