野村不動産、〝住商学〟の複合開発「サンストリート亀戸」の記憶継承 | 住宅産業新聞

野村不動産、〝住商学〟の複合開発「サンストリート亀戸」の記憶継承

完成予想模型完成予想模型

野村不動産(東京都新宿、宮嶋誠一社長)は19日、JR総武線の亀戸駅から徒歩2分の約2万5千平方メートルの開発事業概要を発表した。

2016年3月31日に閉館した地域密着型のショッピングモール「サンストリート亀戸」の跡地再開発事業。総戸数934戸のマンションと、約150店舗の入居を見込んだ大規模商業施設、イベント開催などを想定した広場、隣接する区立第二亀戸小学校の増設用地などを計画した、「住・商・広場・学」の多機能複合大規模開発。同社が推進する地域共生型のまちづくり「BE UNITED構想」に基づき、街びらき前から地元住民と交流し、開発後も同社がコミュニティ拠点を保有するとともにエリアデザイナーを配置し、地域交流活動を主導する。

宮嶋社長は「管理、買い換え、リフォームなど、居住者のライフサイクルの変化にも付き添っていきたい」と意気込みを述べた。

2020年02月27日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)