2014年度上半期新設住宅着工、持ち家全都道府県でマイナスに

2014年度上半期(2014年4月~9月)の新設住宅着工戸数は、前年同期比11・6%減の44万1367戸だった。

国土交通省の建築着工統計を基に住宅産業新聞で集計したもので、貸家はわずかなマイナスにとどまったものの、持ち家と分譲住宅が二ケタマイナス。特に、持ち家はすべての都道府県で前年同期実績を下回ったほか、長崎県を除く46都道府県で二ケタ減。また、貸家も直近の3ヵ月連続で前年同月比ダウンとなった。

50万戸近い実績だった昨年度上半期とは大きく様変わりしており、消費税率引き上げ後の反動減の影響の大きさを物語る。

上半期の着工を利用関係別にみると、持ち家14万3342戸(前年同期比21・6%減)、貸家17万6808戸(同0・3%減)、給与住宅5040戸(同38・3%増)、分譲住宅11万7569戸(同13・6%減)。うち分譲は、マンションが5万3111戸(同21・5%減)戸建てが6万3682戸(同6・0%減)だった。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2014年11月06日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)