2013年新設住宅、わずかに100万戸届かず、景気回復と駆け込み需要影響も

2013年(暦年)の新設住宅着工戸数は前年比11・0%増の98万25戸となり、4年連続で増加した。

国土交通省がまとめた「建築着工統計」によると、100万戸の大台にはわずかに届かなかったものの、12年実績を10万戸近く上回っており、リーマンショック前の水準に戻った格好だ。景気回復基調とともに、消費税増税前の駆け込み需要が影響したもので、持ち家と貸家が二ケタ増となった。三大都市圏はいずれもプラスで、中部圏と近畿圏が二ケタの伸び。また、都道府県別では前年実績を上回ったのは46の都道府県となり、うち36府県が二ケタ増だった。

2014年2月6日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)