住宅金融支援機構、新木造仕様書をセミナーで解説=座金仕様や瓦の緊結など追加 | 住宅産業新聞

住宅金融支援機構、新木造仕様書をセミナーで解説=座金仕様や瓦の緊結など追加

住宅金融支援機構は5日、2年ぶりに改訂し1日に発行した「【フラット35】対応 木造住宅工事仕様書 平成24年版」(新木造仕様書)の解説セミナーを東京のすまい・るホールで行った。

フラット35適用基準の変更箇所は、省令準耐火構造の対象追加のみ。このほかは仕様の本文・解説部で確実な耐震性や防水性の担保を目的に、(1)座金・ホールダウン専用アンカーボルトの仕様と選択方法の追加(2)布基礎の立上り厚を150ミリ以上に変更(3)棟部周辺の桟瓦に製品の留付部を切断した瓦を用いる場合は、穴を開け緊結するなどして確実に固定(4)屋根工事下ぶきのアスファルトルーフィングは左右折りかけ幅を250ミリ以上に拡大(5)省令準耐火構造の留金具の種類と長さ・留付け間隔の一覧表の追加――などを盛り込んだ。

2012年10月11日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)