太陽光普及で「片流れ」増加、省令準耐火の割合が約2割に、フラット35木軸仕様実態調査

太陽光発電システムの普及や省令準耐火仕様のオープン化による変化が、新築された木造木造軸組戸建住宅に現れている。

住宅金融支援機構はこのほど、2012年4月以降に「フラット35」の融資に必要な設計検査を受けた住宅の仕様を調査した「フラット35住宅仕様実態調査(在来木造工法の戸建住宅)」をまとめた。それによると、屋根の形状で「片流れ」と「段違い」(今回から調査)の合計で27・6%に達した。

近年、太陽光発電システムの普及でパネルの設置に適した屋根形状が増えた要因の一つと分析。また、09年1月に省令準耐火構造の木造軸組仕様がオープン化されたことが影響し、省令準耐火構造の割合は前回(09年度)と比べて7・5倍の水準に拡大した。

2013年5月30日付け5面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)