楓工務店が清潔な現場づくりに注力、労働災害や住民トラブルなどの課題解決

奈良県および京都府南部で注文住宅を展開している楓工務店(奈良県奈良市、田尻忠義社長)では現在、「労働災害や住民トラブル」といった住宅現場の課題解決のための取り組みを実施することによる一流の現場つくりを展開している。

主な内容は、(1)清潔な現場づくりで事故を減らす(2)施工管理システムを使った自主検査の実施で高品質な家づくり(3)着工予定日が算出できる「着工ロード」の採用で生産性を向上(4)新人教育と自社大工の育成(5)「スマイルワークス」(年5回開催)と毎月実施する「大工さん勉強会」で施工手順の統一や安全管理の基準を徹底――といった5項目。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年03月29日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)