2022年の地価公示=住宅地中心に穏やかな上昇、持ち家需要好調で、市街の商業地も上昇

国土交通省が公表した2022年の地価公示は、全国の全用途平均で0・6%と上昇し、前年の0・5%の下落から転じた。

新型コロナウイルス感染症による落ち込みから2年ぶりの上昇で、住宅地を中心に緩やかな回復がみられる。特に価格が高止まりしている都心部周辺の旺盛な「持ち家」需要は商業地の地価にも影響を及ぼした。

交通や生活の利便性の高い地域では、商業地でも上層階を住宅にする複合ビルが建築されているため。一方で、住宅地でも都心へのアクセスに劣るなどの場合は、上昇率が小幅にとどまったり、下落が続いている。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年03月29日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)