トヨタホーム、東武鉄道など5者で持続可能なまちづくり=南栗橋駅前で172戸・全棟ZEHで

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は、埼玉県久喜市の東武鉄道日光線・南栗橋駅前で、戸建住宅街区172戸を含む産官学商連携による街づくりプロジェクトに参画する。

同社は10日、久喜市、東武鉄道、イオンリテール、早稲田大学小野田弘士研究室と連携協定を締結。約16・7ヘクタールの開発エリアに、戸建住宅街区や商業・生活利便施設、公園などを整備。トヨタホームは戸建住宅街区の開発を主導する。

後藤社長は、同日開催した記者発表会で「これまで手掛けてきた街づくりの集大成となる。トヨタホーム初の全棟ZEHとする」と宣言。2022年5月のまちびらきを予定した。

事業名称は「ブリッジライフプラットフォーム構想」とした。都心(仕事)と自然(余暇)、人と人、健康や安心、持続可能な未来など、街に求められるさまざまな要素がつながり、新しいライフスタイルを実現するための基盤となる街を目指すという。

2021年11月18日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)