戸建て定額リフォームに広がり、大手ハウスメーカーが本格展開、中小工務店の定額リフォーム比較サイトも

戸建住宅向けの定額リフォームに取り組む企業も増えてきた。これまで定額リフォームは、構造躯体の状態が把握しやすいマンションリフォームが中心だったが、2015年5月に住友不動産が水まわり4点セットによる定額リフォームを開始。同年6月末に大手ハウスメーカー2社による定額リフォームの参入に続き、今年1月から住友林業による定額リフォームの本格展開など広がりをみせている。また、中小工務店が手がける定額リフォームを比較するサイトが2日に開設されるなど価格の透明性で消費者に訴求する。一方、戸建て定額リフォームは、物件の状態がわからず、それに伴う追加工事の負担はメーカー側が持つ必要があるなどリスクが高い。そのため、期間限定のキャンペーンで様子をみるケースも多い。

2016年02月11日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)