開口部や躯体の対策、より重要に | 住宅産業新聞 | Page 3

開口部や躯体の対策、より重要に

ただ、窓を開け放っての採風は、2階部はまだしも1階は防犯性の問題がある。新築時に室内の通風を考慮した設計をすると同時に、玄関や勝手口のドアを全開にすることなく採風部だけ開いて風を室内に呼び込める「採風ドア」を採用すれば、防犯性を考慮しつつ室内の風通しをより高めることが可能だ。

戸建住宅を新築する際、エンドユーザーが特に重視する要素の筆頭には、耐震性があげられる。しかし、いざ新築が建ち、そこに移り住んでから居住者が気になり始めるのは、室内で送る日々の生活の快適性だ。

新築を検討している見込み客、既に住んでいるOB客を問わず、夏の暑さ対策という季節性を考慮した住宅のプロならではこそできる事業者の提案活動は、住まい手の暮らしを快適にする細やかな気づかいとして喜ばれることだろう。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)